注目キーワード

NAS~おすすめメーカー5選~

がうがう。おおかみ おーさんです。

今回は、NAS(Network Attached Storage)のおすすめメーカーについて紹介したいと思います。
NASってご存知ですか?簡単に言うと「ネットワークに接続されたHDD」です。これがとても便利で、もう昔のUSB接続のHDDには戻れません。

そんなNASですが、初めての方にはいろいろ難しい点もあると思います。
まず、最初の難関は「どれを買えばいいの?」という悩みでしょうか。
細かい仕様や性能の違いはありますが、最初はどのようなメーカーがNASを販売しているかの紹介をします。
基本的に、ここで紹介しているどのメーカーのものでも性能に問題はないと思います。

1.Synology

Synologyは2000年に設立された台湾のメーカーです。
一般的にはあまり知名度は無いかもしれませんが、NASに関してはかなり人気のあるメーカーです。
最近ですと、「DS220j」という商品が入門機として人気があります。
私は、この全世代機「DS218j」を使っていますが、Synology独自のアプリもあり、使い勝手が良く、とても便利で大満足です。

SynologyのDS218jは買ってよかったPC周辺機TOP3に入ります!!

2. BUFFALO

BUFFALOは、1975年に創業された日本のメーカーです。
本社は愛知県にあるみたいですね。
言わずと知れたメーカーですので、商品への信頼感も抜群ですね。

BUFFALOのNASは「Link Station」という名称で販売されています。
入門機としては「LS210D」あたりが人気でしょうか。

3.IODATA

IODATAは1976年総業の日本のメーカーです。
本社は石川県にあるようです。

先に紹介したBUFFALOと並び、有名なメーカーですよね。
こちらも安心して購入できると思います。

IODATAの商品は通常のPC向けに加えて、「テレビ録画特化」や「音楽管理特化」のNASもラインナップされています。
PC向けの初心者用で人気なのは「HDL2-TA」モデルです。

4.QNAP

QNAPは2004年に設立された台湾のメーカーです。
おそらく、Synologyとはライバル関係のメーカーになります。

近年、NAS業界では台湾のメーカーが盛り上がっているイメージですね。
初心者用おすすめモデルとしては「TS251」だと思います。

5.Sony

最後にSonyです。(正直番外編くらいの位置付けですが。)

Sonyは説明不要の大企業ですね。
ただ、SonyでNASのイメージは正直ありません。

が、実は「nasne」が該当します。
Playstationと一緒に使っている人もいるのではないでしょうか?
他のNASと横並びに比べる製品ではありませんが、もしnasneを既に持っている人がいれば、先ずはお試しでNASとして使ってみてもいいかもしれませんね。

まとめ

NASのメーカーを5社紹介しましたが、どのメーカーのものでも間違いはないはずです。
ただ、個人的には「Synology」か「QNAP」をおすすめします。
それはなぜか?

見た目が綺麗だからです!!
個人の好みはありますが、この2社のNASは基本的に「白」色でデザインも綺麗です。
他は「黒」色のイメージが強いですね。
NAS選びには「性能」の方が大事ですが、「見た目」にもこだわっていきたいですね。

目に入る場所に置くなら、「見た目」も大事ですよね♪

最新情報をチェックしよう!