注目キーワード

簡単にできる菌・ウイルス対策5選

がうがう。おおかみ おーさんです。
今年の冬は、インフルエンザだけでなく、新型コロナウイルスが猛威を振るっており、いつも以上に風邪やウイルス対策に気を付けていきたいですよね。
特に、子どもは幼稚園や学校で流行りだしたら、すぐにうつってしまいますよね。
日々の中で、気を付けられることから気を付けていきましょう。
そこで、今回は簡単にできる対策を紹介したいと思います。

1.手洗い、うがい

先ずは、何と言っても「手洗い」と「うがい」です。
基本的に、外出して手についた菌やウイルスが体内に入ってきて感染するため、体に入ってくる前にやっつけてしまうのが1番です。

ここで、気を付けておきたいのはクセでよく口や鼻を触る人
菌やウイルスがついた手で粘膜を触ると感染率は格段にUPしてしまいます。
ちょっとした注意ですので、気を付けておきましょう。

ただいまー

おかえり
帰ってきたら「手洗い」「うがい」よ

はーい

2.加湿

続いて、「加湿」です。
この季節は寒いですからエアコンを入れている家庭がほとんどかと思います。
エアコンは確かに暖かくなりますが、空気が乾燥してきます。
空気が乾燥すると、ウイルスが活発に活動しやすくなるので、適度に加湿はしておきましょう。
1番いいのは、湿度を制御してくれる加湿器ですが、そこまで買わなくても簡易的なペーパー式加湿器や、タオルを濡らして吊っておくだけでも効果的です。

ちなみに、最適な温度は18~20℃湿度は50~60%程度と言われています。
心掛けてみましょう。

3.除菌

次は、「除菌」です。
簡単にできることとしてはアルコール消毒などでしょうか。
よく手で触るものはアルコール消毒しておくと安心ですよね。

また、冬になるとCMでもよく流れますが「クレベリン」なんかもオススメです。
何でもかんでも除菌、除菌はやり過ぎかと思いますが、体調管理のためには必要なところはしっかりと対策していきたいですよね。

4.換気

そして、「換気」です。
これは、「2.加湿」「3.除菌」とも関わってきますが、ずっと締め切ったままだと菌やウイルスが増えやすい環境を作ってしまいます。
適度に室内の空気の入れ替えをして、新鮮な空気を取り込みましょう。
2~3時間に1回程度を目安として換気をしていきましょう。

5.水分補給

最後に「水分補給」です。
風邪やウイルス対策としてあまりなじみがないかもしれませんが、水分補給は立派な対策の1つです。
今までも「加湿」が大切と言ってきましたが水分補給は口内の加湿です。
菌やウイルスが入ってくる代表的な場所であるのどを加湿しておきことは非常に有効な手段といえます。
20~30分に1口程度水分を補給するだけで効果はあるそうです。
ただでさえ、夏に比べて摂取する水分量は減る季節です。
意識して、水分補給をしていきましょう。

水分補給は、菌やウイルス対策に関係なく健康にもいいから、積極的にとっていこうね!!

まとめ

これから、さらにインフルエンザや風邪が流行ってくる季節です。
自分でできる範囲で、対策をしていきましょう。
また、子どもにも手洗い・うがいなど自分でできることは気を付けさせ、生活環境を整えていくのは親の務めですよね。
子どもと楽しい所に出かけると、どうしても人ごみの多いところに行くことになると思います。できる限り気を付けて、健康に過ごしましょう。

本当は、対策の中に「マスク」も入れたかったのですが、ニュースでも取り上げられているように品切れ状態が続いているようなのであえて省きました。
マスクの転売も話題に上がっていますが、本当に欲しい人が正規の価格で購入できるように早くなればいいですね。

最新情報をチェックしよう!